全能者ハリストス(キリスト)』(聖墳墓教会のドーム内)

イエス・キリスト紀元前6年ないし紀元前4年ごろ - 紀元後30年ごろ[1]ギリシア語: Ίησοῦς Χριστός[2])は、ギリシア語で「キリストであるイエス」、または「イエスはキリストである」という意味である。すなわち、キリスト教においてはナザレのイエスをイエス・キリストと呼んでいるが、この呼称自体にイエスがキリストであるとの信仰内容が示されている[3]。イエスの存在については1世紀の歴史家がその著作の中で言及している。

本項では、ナザレのイエスについてのキリスト教における観点とその他について述べる。

かつてのカトリック教会では、イエスは「イエズス」と日本語で表記されていた。

概要

キリスト教の多くの教派において、三位一体の教義の元に、神の子受肉して人となった、真の神であり真の人である救い主として[3][4][5]信仰の対象となっている。

イエス」は人名で、ヘブライ語からギリシャ語に転写されたもの。「神は救い」「救う者」を意味する[5][6]

キリスト」は「膏をつけられた者」という意味の救い主の称号である。膏をつけられるのは旧約聖書において王・預言者・祭司であったが、イエス・キリストが旧約のそれらすべての前例を越える形で、新約の時代においてはこの3つの職務を併せ持っていたことを示していると解される[6][7]

イエスの言行を記した福音書を含む『聖書』は世界でもっとも翻訳言語数が多い歴史的ベストセラーであり、音楽・絵画・思想・哲学・世界史などに測り知れない影響を与えた。

語義と指示内容

左上から順に、アラム語ヘブライ語ギリシャ語ラテン語英語でそれぞれ「イエス」を意味する文字列

イエス

イエスは、「イエースース」の慣用的日本語表記である。現代ギリシア語では「イイスス」となる。

元の語は、アラム語のイェーシューアすなわちヘブライ語ヨシュアで、「の救い」「神は救い」「救う者」を意味する[5][6]。『旧約聖書』の「民数記」や「ヨシュア記」に登場するユダヤ人の指導者ヨシュアなどと同名である。

これらのギリシア語表記の語尾は主格形であり、格変化すると異なる語尾に変化する。日本語の慣例表記「イエス」は、古典ギリシア語再建音から、日本語にない固有名詞の格変化語尾を省き、名詞幹のみとしたものである。

中世以降から現代までのギリシャ語からは「イイスス」と転写しうる。日本正教会が用いる「イイスス」は、Ίησοῦς の中世ギリシア語・現代ギリシャ語に由来する転写である。正教古儀式派では、イススという、東スラヴ地域でかつて伝統的だった呼称を現在も用いている。

かつての日本のカトリック教会ではロマンス語の発音からイエズスという語を用いていたが、現在ではエキュメニズムの流れに沿ってイエスに統一されている[8]戦国時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンは、ポルトガル語の発音からゼズまたはゼズスと呼んでいた。

アラビア語からは「イーサー」と転写しうる。

キリスト

「キリスト」は固有名詞ではなく称号である[9]

イエス・キリスト

イエス・キリスト像(『全能者ハリストス』)。12世紀に制作された、アギア・ソフィア大聖堂モザイクイコンイスタンブール)。左手に聖書を持ち、右手は指の形がΙησούς Χριστός(イイスス・フリストス[10])の頭文字である「ΙΣΧΣ」を象るように整えられ(伸ばした人差し指:Ι、曲げた中指と小指が:Σ、親指と薬指の交差がΧ)、見る者を祝福する形に挙げられた姿で描かれている。

「イエス・キリスト」はギリシャ語で主格を並べた同格表現で、「キリストであるイエス」「イエスはキリストである」の意味である。マタイ伝マルコ伝はそれぞれの冒頭で「ダビデの子イエス・キリスト」「神の子イエス・キリスト」と呼び表しており、この結合表現は新約のほかの文書でも用いられている。パウロ書簡には「イエス・キリスト」とならんで「キリスト・イエス」の表現も見られるが、紀元1 - 2世紀の間に「イエス・キリスト」の方が定着していった。

「キリスト」は救い主への称号であったため、キリスト教の最初期においては、イエスを「イエス・キリスト」と呼ぶことは「イエスがキリストであることを信じる」という信仰告白そのものであったと考えられる。

しかし、キリスト教の歴史の早い段階において、「キリスト」が称号としてではなくイエスを指す固有名詞であるかのように扱われはじめたことも確かであり[11]、パウロ書簡においてすでに「キリスト」が固有名詞として扱われているという説もある[12][13]

イエス・キリストとは何者か

以下、イエス・キリストとは何者かについて、正教会カトリック教会聖公会プロテスタントに共通する見解を、おもに教派ごとの出典に基づいてまとめる。