ウィンナ・ワルツ

ウィンナ・ワルツ (ドイツ語: Wiener Walzerヴィーナー・ヴァルツァー英語: Viennese waltzヴィアニーズ・ウォールツ) は、19世紀ウィーンで流行し、ウィーン会議を通してヨーロッパ中に広まっていった3拍子のワルツ

ウィンナ・ワルツにおける3拍子は、3拍が均等な長さを持たず、2拍目をやや早めにずらすように演奏され、独特の流動感を生んでいるが、これは当時の演奏習慣ではなく、20世紀中頃に成立した習慣であるとする見解もある[1]

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートは、シュトラウス家の作品を中心とするウィンナ・ワルツが演奏されることで有名である。 オーストリアの無形文化遺産となっている[2]

歴史

王宮における宮廷舞踏会の様子。中央の白鬚の男性はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世1900年の絵画)

「ワルツの父」というあだ名で呼ばれるため、ヨハン・シュトラウス1世がウィンナ・ワルツの創始者であるように思われることもあるが、一般的にウィンナ・ワルツの創始者とされるのはヨーゼフ・ランナーである。

19世紀初頭、ウィーンにミヒャエル・パーマーという音楽家の率いる楽団があった。パーマーはワルツに初めて「トゥーシュ」と呼ばれる序奏コーダ(結尾)を採り入れ[3]、ワルツにウィーン独自の特徴をつけた。ランナーとシュトラウス1世はもともとパーマー楽団の団員であったため、パーマーのワルツこそがウィンナ・ワルツの源流といえる。ランナーはパーマーのワルツを基礎として、序奏のあとで5つの小ワルツを組み合わせて最後にコーダを置き、さらに魅力的な曲名をつけるスタイルを発明し、ウィンナ・ワルツの原型を作った[4]

パーマー楽団から独立したランナーとシュトラウス1世は、「ワルツ合戦」と呼ばれる熾烈な競争の中で、ウィンナ・ワルツを発展させていった。ランナーとシュトラウス1世のワルツは当時のウィーンで圧倒的な人気を誇り、ショパンにウィーンで『華麗なる大円舞曲』を出版することを断念させた。ランナーのファンにはシューベルトがいた。しかし、ウィンナ・ワルツの様式を完成させたのはシュトラウス1世の息子ヨハン・シュトラウス2世である。シュトラウス2世はウィンナ・ワルツの黄金時代を築き、ロシアのチャイコフスキーやフランスのワルトトイフェルなどにも多大な影響を与えた。シュトラウス2世を始めとするウィンナ・ワルツの作曲家たちは、ワルツと同様にポルカ行進曲などの作曲も手掛け、さらにウィンナ・オペレッタドイツ語版の分野にも進出し、重要な役割を果たした。

19世紀は「ワルツの世紀」とも呼ばれる。世紀初頭のウィーン会議によって世界的な流行が始まり、1899年のシュトラウス2世の死やワルトトイフェルの引退などによって、世紀末に一区切りを迎えたからである。しかし、ウィンナ・ワルツの系譜上にあるウィンナ・オペレッタは、フランツ・レハールエメリッヒ・カールマンなどが現れたことにより、20世紀初頭に「銀の時代」と呼ばれる第二の黄金時代を迎えた。ウィンナ・オペレッタ最末期の作曲家であるロベルト・シュトルツは、ウィンナ・ワルツの伝統の最後の保持者として指揮棒を振り、膨大な録音を残している。

現代

2017年オーストリアの無形文化遺産登録される。

ウィーンでは冬に約450の舞踏会が催され、朝まで踊り続けられる。ウィーン市内にはダンス学校が30超あり、15歳位の高校生になると、舞踏会デビューに備えワルツを習い、経済的に苦しい生徒には無料でレッスンするダンス学校もある。最近のはやりは、ヨハン・シュトラウス2世の像のある公園でヘッドホンをかけてのサイレント・ワルツ。ウィーンでダンス講師をする日本人女性の羽部真紀子によると、ウィンナ・ワルツは男性が女性の目を回して、その後ワインを飲んで、何でもお願いできるために踊るので、男性は目を回さず他のカップルとぶつからないリード技量が必要だという[5]

主な作曲家