カッシーニ Cassini
Cassini Saturn Orbit Insertion.jpg
土星に接近するカッシーニの想像図
所属 アメリカ航空宇宙局 (NASA)
欧州宇宙機関 (ESA)
イタリア宇宙機関 (ASI)
公式ページ Cassini-Huygens (NASA)
ESA-Cassini-Huygens (ESA)
国際標識番号 1997-061A
カタログ番号 25008
状態 運用終了
目的 土星の探査
観測対象 土星
打上げ機 タイタンIV B
打上げ日時 1997年10月15日
4時43分 (東部夏時間)
軌道投入日 2004年6月30日
運用終了日 2017年9月15日
物理的特長
本体寸法 高さ: 6.8 m × 幅: 約 4 m
質量 5.8 t
発生電力 原子力電池3基(放射性同位体熱電対)
周回対象 土星
テンプレートを表示

カッシーニ (Cassini-Huygens) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機である。

カッシーニは、金星→金星→地球木星の順に合計4回のスイングバイを行なって土星軌道に到着した[1]。カッシーニには惑星探査機ホイヘンス・プローブ (2.7 m、320 kg) が搭載されており、タイタンでカッシーニより切り離されてタイタンに着陸し、大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測した。

カッシーニとホイヘンスよりなる土星探査はカッシーニ・ホイヘンス・ミッションと呼ばれ、欧米18カ国の科学者約260人が参画している。

カッシーニの名は、天文学者ジョヴァンニ・カッシーニに、ホイヘンスの名は同じく天文学者クリスティアーン・ホイヘンスに由来する。

当初はガリレオ同様に小惑星に接近する計画であったが、予算の都合により断念された。

経過

土星のリングの様子。太陽が向こう側にあるため、薄いリングも映っている。2006年9月15日撮影。
タイタンの表面。2004年10月26日撮影。