シリアルキラー: Serial killer、serial=連続の、順列の)とは、複数の殺人をある程度の間隔を置いて繰り返す連続殺人犯に対し使われる言葉である[1]

概要と定義

「シリアルキラー」という英単語は、元FBI捜査官ロバート・K・レスラーが、テッド・バンディ(Ted Bundy、米国で36人以上の女性を殺害した連続殺人犯、1989年死刑執行)を表すために1984年9月に提唱したとされているが、同様の意味を持つシリアルマーダラー (serial murderer)、シリアルホミサイド (serial homicide) などは以前から使用されてきた。

シリアルキラーの定義は複数あるが、FBIのレポートによると[1]、下記の共通項にまとめられる。

  • 1人、またはそれ以上の犯人
  • 2人以上の殺人の被害者がいること
  • 殺人事件が、それぞれ別個のものであり、別の時に起きていること
  • 犯行が一定の間隔を置いて行われることが大量殺人 (mass murder) と連続殺人 (serial murder) を区別する

シリアルキラーは、複数の殺人を一定の期間(冷却期間)を置いて繰り返すのが特徴である。一度に多数の人間を殺害する場合(FBIの定義では1日以内に4人以上)は大量殺人に分類され、その犯人を大量殺人犯、大量殺人者 (Mass murderer) という。さらに、短時間内に2か所以上の場所で殺人を犯した者はスプリー・キラーと呼ばれ、これも区別される。

被害者の人数については、少なくとも3人以上の殺人の被害者がいることをもってシリアルキラーとしての定義を満たすと、専門家によって広く考えられている[2]。法的にも、1998年に米国議会で制定された、H.R.3494 - Protection of Children From Sexual Predators Act of 1998[3]の中で、「ここでいう連続殺人 (serial killings) とは、連続した3件以上の殺人で、そのすべてが米国内で行われ、犯行が同一の犯人または犯人たちによって行われたと合理的に推察されるもの」としている。

2005年、FBIはテキサス州サンアントニオで学際的シンポジウムを開催した。これは、連続殺人に関する知識の共通点を特定する目的で、さまざまな分野とから135人の連続殺人専門家を集めたものである。同グループはまた、FBI捜査官がその標準として広く受け入れている連続殺人の定義についてもまとめた。「別々の事件における同じ犯罪者による2人以上の犠牲者の不法殺害」。この定義は殺害の動機を考慮に入れていないし、冷却期間を定義していない。

動機

多くの場合、異常な一種の快楽殺人という事ができる。FBIのリポートによれば、その直接の動機は性的なものに限らず、怒り、営利、スリルや注目を集めるため、と言ったものもあるという[1]

一部のシリアルキラーは金銭目的や快楽主義者、暴力的な文化が彼らに殺人を犯すように影響したと主張する。また、幻想的なシリアルキラーは、現実との精神病の勃発に苦しみ、時には別の人であると信じたり、悪魔や神などの実体によって殺人を犯してしまうこともある。

犯人像

大多数のシリアルキラーは、一見したところ普通の人で、仕事を持ち、家や家族を持ち、通常の社会の一員に見える。また、特定の人種に偏りはなく、その国の人種構成に比例する。多くの場合、様々な程度の精神障害精神病質を患っており、それが殺人行動に寄与している可能性がある[1][4]。家族による精神的身体的性的虐待を経験しており、不安定な家庭の出身者も多い[5]。また、少年青年時代に頻繁にいじめに遭い、社会的な隔離を受けていることもある。詐欺窃盗、破壊行為などの犯罪に関与している者もいる[6]孤独感であり幻想自慰行為を好む。動物虐待をしていた。

雇用に就くのに苦労し、劣悪な環境で働く者もいるが、FBIは連続殺人犯はしばしば正常に見え、家族や安定した仕事を持つ者もいると指摘している[1]。研究では、シリアルキラーは一般的にIQが平均以上の範囲にあると記述され認知されているが、実際は平均か平均以下であることが示唆されている[5]

女性のシリアルキラーは男性のそれと比べて稀である[7][8][9][10]。女性のシリアルキラーは、アメリカでは1800年から2004年の間に6人の連続殺人犯に1人以下(416名の既知女性犯罪者のうち64名)、アメリカの連続殺人犯のうち15%が女性で被害者総数は427人 - 612人の間とされる[11][12][13]。女性の連続殺人犯についての本「Lethal Ladies」の著者アマンダ・L・ファレル、ロバート・D・ケッペル、ヴィクトリア・B・ティンティントンは、「司法省は、前世紀の間に36人の女性連続殺人犯が活動していると指摘している」と書いている[13]The Journal of Forensic Psychiatry & Psychologyは、すべての連続殺人犯のうち16%が女性であるという証拠を示している[14]

著名なシリアルキラー

以下、50音順に述べる。

日本

シリアルキラー関連の事件

日本(事件)

以下、50音順に述べる。

Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/シリアルキラー