ハウチワノキ
Indigenous Flowers of the Hawaiian Islands, Plate 39.jpg
Indigenous Flowers of the Hawaiian Islands の図版
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 core eudicots
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ上群 superrosids
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : rosid II / Malvidae
: ムクロジ目 Sapindales
: ムクロジ科 Sapindaceae
: ハウチワノキ属 Dodonaea
: ハウチワノキ D. viscosa
学名
Dodonaea viscosa (L.) Jacq.
シノニム
和名
ハウチワノキ
英名
hop bush、sand olive(#諸言語における呼称を参照)
下位分類群

本文参照

ハウチワノキ(学名: Dodonaea viscosa (L.) Jacq.[2]とは、ムクロジ科ハウチワノキ属英語版常緑樹である。日本琉球諸島小笠原諸島を含む世界中の熱帯および亜熱帯に広く分布し(参照: #分布)、複数の地域において伝統的に有用植物として利用されてきた(参照: #利用)。複数の亜種に分かれる(参照: #分類)。

ハウチワノキという名称は蒴果の両側にうちわ状の翼が見られることによるものである[3]。また、種小名 viscosa は〈粘り気がある〉という意味のラテン語形容詞 viscosus属名 Dodonaea に合わせて女性形としたものである。

分類

Hassler (2018) では以下の8亜種が認められている。

  • Dodonaea viscosa subsp. angustifolia (L.f.) J.G.West(シノニム: D. angustifolia L.f.、D. viscosa var. angustifolia (L.f.) Benth.)- 狭義のハウチワノキ。基本種との区別については#特徴を参照。亜種小名はラテン語で〈葉が細い〉を意味する。
  • Dodonaea viscosa subsp. angustissima (DC.) J. West
  • Dodonaea viscosa subsp. burmanniana (DC.) J. West
  • Dodonaea viscosa subsp. cuneata (Smith) J. West
  • Dodonaea viscosa subsp. elaeagnoides (Rudolphi ex Ledeb. & Adlerstam) Acev.-Rodr.
  • Dodonaea viscosa subsp. mucronata J.G. West
  • Dodonaea viscosa subsp. spatulata (Smith) J. West
  • Dodonaea viscosa subsp. viscosa

分布

世界の熱帯および亜熱帯に広く分布する[2]。Hassler (2018) によれば、亜種ごとの分布の詳細は以下の様になっている。