フェデリコ・フェリーニ
Federico Fellini
Federico Fellini
1990年
生年月日 (1920-01-20) 1920年1月20日
没年月日 (1993-10-31) 1993年10月31日(73歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア リミニ
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1950年 - 1993年
配偶者 ジュリエッタ・マシーナ1943年 - 1993年
主な作品

甘い生活
8 1/2
サテリコン
フェリーニのアマルコルド

フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini, 1920年1月20日 - 1993年10月31日)は、イタリアリミニ生まれの映画監督脚本家。「映像の魔術師」の異名を持つ[2]

経歴

高校卒業後、新聞社に勤務し、古都フィレンツェや首都ローマで挿絵や雑文を書いていた。その後、ラジオドラマの原稿執筆などを経てロベルト・ロッセリーニ監督の映画『無防備都市』のシナリオに協力。同作品はイタリア・ネオレアリズモ映画を世界に知らしめた記念碑的作品である。

寄席の脚光』(1950年)でアルベルト・ラットゥアーダとの共同監督にて監督デビュー。1952年の『白い酋長』で単独監督。この作品で音楽監督として起用されたニーノ・ロータは、『オーケストラリハーサル』に至るまでのすべてのフェリーニ作品で音楽を手がけることになる。三作目となる『青春群像』(1953年)では故郷の街とそこで生きているどうしようもない青年達の姿を描いてヒットを飛ばし、ネオレアリズモの若き後継者として注目された。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。続く『』(1954年)では甘美なテーマ曲と物語の叙情性とヒューマニズムから世界的なヒット作となり、フェリーニの国際的な名声が確立する。

ネオレアリズモ的作風に変化が現れるのは『甘い生活』(1959年)からとされる[要出典]。退廃的なローマ社会を描いたこの作品はフェリーニの力強い社会批判であるが、ヘリコプターで吊るされた巨大なキリスト像の冒頭シーンや、河から引き上げられた怪魚のラストシーンに顕著なように、ストーリーの随所にシンボルが配置されて独特の映像感覚が発揮される。この手法は『8 1/2』(1963年)で極度に推し進められ、「映画が撮れなくなった映画監督」の話を借りてフェリーニの内面が赤裸々かつ高度なシンボル的映像表現で綴られることになる。

その後もチネチッタ・スタジオに巨大なセットを組み、『サテリコン』、『フェリーニのローマ』、『カサノバ』、『オーケストラ・リハーサル』、『女の都』、『フェリーニのアマルコルド』、『そして船は行く』など、重層的で夢幻の広がりを与える手法を駆使した作品群を立て続けに監督。いつしか世界の映画製作人から「スタジオの魔術師」と呼ばれることになる。

『道』、『カビリアの夜』、『8 1/2』、『フェリーニのアマルコルド』で4度のアカデミー賞外国語映画賞を、1992年にはアカデミー賞名誉賞を受賞[1]。『甘い生活』ではカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。

1993年に脳内出血で倒れ、同年10月31日、心臓発作で死去。73歳。その葬儀はローマのサンタマリア・デリ・アンジェリ教会にて国葬として執り行われた。

妻のジュリエッタ・マシーナは駆け出し時代の彼のラジオドラマに出演し、『』、『カビリアの夜』、『魂のジュリエッタ』、『ジンジャーとフレッド』などにも主演した。

作品の評価

『甘い生活』の舞台となったヴェネト通りに掲げられたプレート