ホオズキ
PhysalisAlkekengi-balloon.jpg
ホオズキの実
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ホオズキ属 Physalis
: ホオズキ(母種) P. alkekengi
変種 : ホオズキ var. franchetii
学名
Physalis alkekengi var. franchetii
和名
ホオズキ(鬼灯、酸漿)
カガチ、ヌカヅキ
英名
Chinese lantern plant

ホオズキ鬼灯鬼燈酸漿)は、ナス科ホオズキ属多年草。またはその果実カガチ、ヌカヅキとも言う。原産地は東南アジアで、近縁種が南欧アメリカ大陸など温帯に自生している。主に観賞用や食用として栽培されるが、野生のものもある。

概要

ホオズキ (Physalis alkekengi var. franchetii) は多年草で、草丈は60cmから80cm位になる。日本では淡い黄色の花を6月から7月頃に咲かせる。この開花時期に合わせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており[1][出典無効][2][出典無効]、60万人にのぼる人出がある有名なものである[3]。花の咲いた後に六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。

食用や薬用としても知られ、ワイン醸造にも使われる[4]。食用は腹痛が起きることがあり、特に妊娠中の女性は禁物である。

観賞用としてのホオズキは、鉢植えやドライフラワーなどに用いられ、その愛好家も多い。果実は、以前はホオズキ人形や口で音を鳴らす、風船のように膨らませる[5]など子供の遊びにも使われていた。

栽培

種や株分けで増やすことができるが、ナス科植物との連作障害があり、連作障害は不完全菌のバーティシリウム ダーリエ(Verticillium dahliae)[6]によって生じる。アメリカ原産のセンナリホオズキ(Physalis angulata)が日本で野生化している。近年はペルー原産のショクヨウホオズキ (Physalis pruinosa)が日本でも栽培され始めている(後述)。しかし、大豆栽培圃場では近縁種のヒロハフウリンホオズキ(Physalis angulata)[7]やオオイヌホオズキ(S. nigrescens)などが厄介な雑草として駆除が行われている[8]

Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/ホオズキ