マリちゃん危機一髪
ジャンル アドベンチャー[1]
対応機種 FM-7/8[2][3][4]
PC-8801[3][4]
パソピア7[3][4]
開発元 槙村ただし[1][3]
発売元 エニックス[5]
メディア カセットテープ、5インチ2D (FM-7/8, PC-8801)[4]
カセットテープ (パソピア7)[4]
発売日 1983年2月[5]
テンプレートを表示

マリちゃん危機一髪』(マリちゃんききいっぱつ)は、1983年2月にエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたアダルトゲーム[5]

制作

制作者は永井豪すがやみつるの弟子であり[6]ダイナミックプロに所属する漫画家の[1]槙村ただしである[1][3]。槙村が以前に制作した九十九電機によるアダルトゲーム『野球拳』のリリース後に反響があったことを受け、エニックスが槙村に本作の制作を依頼した[1][7]。槙村が単独で本作の作画やプログラミングを担当している[7]。対応機種はFM-7/8[2][3]PC-8801パソピア7の3種で[3][4]、カセットテープ媒体は3,600円、ディスク媒体は5,800円で販売された[4][注釈 1]。テープ媒体では作中に登場するマリちゃん(名前はマリコ)に制作当時女子高生であった槙村の従姉妹が声を当てており、クレジットにも名前が明記されている[9]。マリちゃんはこの従姉妹を元に制作されたとされている[9]。本作はアダルトゲームではあるが、販売当時、規制の対象とはなっていない[1]。ゲームのパッケージは永井のアシスタントが作画を手掛けている[8]

ゲームは8色のカラーグラフィックを使用できるプラットフォームで開発されたが、当時はデジタル環境下で絵を描く技術が存在しなかった[10]。そのため、透明のフィルムなどに原画をトレースし、それをモニタに装着した状態でプログラミング言語のBASICを用いて線を描画していき囲われた部分を塗りつぶしていく手法がとられた[10]。この手法は本作や初期に制作されたアドベンチャーゲームで普遍的に用いられていたが、グラデーションや影の表現が出来ない点・塗りつぶすためには必ず線を閉じる必要がある点で劣っていた[10]

ゲーム内容

ジャンルはアドベンチャー[1]ストーカーによって[10]誘拐されたマリちゃんを運要素が100%のじゃんけんで救出する内容となっており[6][11]、あいこでゲームを進めることは出来ない[4][8]。F1からF3のキーに対しグー・チョキ・パーが割り当てられており、プレイヤーはこれらのキーを使って操作する[7]。九十九電機の『野球拳』と同様のゲームシステムを採用しているが、本作では随所に工夫が凝らされている[1]

本作は5つのステージで構成され、一定の回数勝利すればマリちゃんを救うことに成功し、その度にマリちゃんが服を1枚ずつ脱いでいく[7]。一方、救出に失敗した場合、マリちゃんは刺殺や感電死、溺死、爆死といった様々な死に方でゲームオーバーとなり、マリちゃんが写った遺影に線香が添えられたイラストが表示される[6][注釈 2]。ゲームを進めていくと最後にはマリちゃんの服を脱がせるために彼女と直接対決するが、マリちゃんのパンティを脱がすと股間に「プログラムエラー ノタメ コノブブンハ カケマセン!」と規制が入る[11][12]。服を脱いでいくマリちゃんの絵は立ち絵1枚のみとなっている[7]

批評・反響

画像外部リンク
第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストの広告 - ウェブアーカイブarchive.is、2019年2月3日)
優秀プログラム賞を受賞した後に掲載された『マリちゃん危機一髪』の広告 - ウェブアーカイブarchive.is、2019年2月3日)

本作はエニックス主催の「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の優秀プログラム賞を受賞している[1][4][7]。このコンテストは1982年に実施され、入賞作品13作をまとめて翌年に発売させている[13]。本コンテストでは最優秀作が1作品、優秀作が2作品、入選作が10作品それぞれ選出された[14]

ビデオゲームを取り扱うウェブサイト「IGN JAPAN」では1983年のゲーム・オブ・ザイヤーとしてIGN JAPAN編集部の歐陽宇亮が本作を選出し、「ちょっとエッチな野球拳は80年代の一大ゲームジャンルと言っても過言ではないが、中でも(中略)異彩を放っている」・上記コンテストの「優秀賞を受賞したのは偶然ではない」と称賛した[6]。とりわけ、ゲームオーバー時にマリちゃんが死ぬシステムについては「緊張感はなく純粋に楽しいのもポイントが高い」とした一方で、「エッチな要素はむしろオマケ」と評している[6]

アダルトゲームを批評する書籍『超エロゲー』の著者である多根清史は、本作に登場するマリちゃんが様々な危機に見舞われることを踏まえて「中身は「危機一髪」の名前に恥じない」とした[1]。さらに構成要素については「作品全体のテキストのセンスが、なんともイイ」[12]・「エロ要素は、やんわりとしている」と批評した[1]

パソコンゲーム誌の編集者である前田尋之は著書『ぼくたちの美少女ゲーム クロニクル』の中で「ゲーム内の状況設定は奇抜」とし、さらにマリちゃんの奇妙なポーズや死ぬ頻度の高さを特筆して「シュールさが面白い作品」と述べた[4]。前田尋之の公式サイト「電脳世界のひみつ基地」においてライターの松田は、ゲームの中で命がけで行われるじゃんけんが「まるで(中略)闇のゲームみたい」とし、勝った時の報酬が「服一枚なのはやや納得がいかない」と言及しているが、総じて「シュールでブラックな笑いを誘う」作品と評した[8]

アダルトゲームの歴史についてまとめた『エロゲー文化研究概論 増補改訂版』の中で著者の宮本直毅は、テープ版は音声が付いているため読み込みが遅く「プレイに独特の間が生じるのは当時らしい風情」だと述べ、プロの声優を起用しなかった点については「家内制の空気がありありな一作」と言及した[15]

また、2015年11月時点では秋葉原の中古ゲームソフトショップにおいて12,800円のプレミア価格で取引されている[2]

脚注

注釈

  1. ^ 『ぼくたちの美少女ゲーム クロニクル』9頁では、「テープ版 3,800円」と記されているが、隣に掲載されたゲームパッケージ画像には3,600円と記載されており、[8]でも同様であるため、訂正して本文に反映した。
  2. ^ IGN JAPAN編集部の歐陽宇亮は、ゲームオーバー時のイラストについて「マリちゃんの下着姿の遺影」と言及しているが[6]、書籍『超エロゲー』に掲載されたゲームキャプチャ画面に写ったマリちゃんの遺影は下着姿ではないため、当該部分は反映しなかった[1]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 多根 2006, p. 15.
  2. ^ a b c 木谷誠 (2015年12月2日). “懐かしのパソコンゲームソフト ~富士通・シャープ編~”. AKIBA PC Hotline! (インプレス). オリジナル2016年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160717150250/https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/733208.html 2019年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 佐々木潤 (2018年5月2日). “中村光一氏の大ヒット作にして、数多くの機種へと移植された名作「ドア・ドア」(2/5)”. AKIBA PC Hotline! (インプレス). オリジナル2019年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190203051636/https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1118/349/html/drdr2.jpg.html 2019年2月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j 前田 2016, p. 9.
  5. ^ a b c 木谷誠 (2017年8月10日). “あの超有名なメーカーが「エロゲー」を作っていた!? 「エロゲー」が世間にナニをもたらしたか”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). オリジナル2019年1月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113182300/https://ddnavi.com/news/392936/a/ 2019年2月3日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f IGN JAPAN編集部 (2018年1月8日). “あの頃のゲーム、僕らのGOTY――ファミコンが発売した1983年の個人ベストゲームは?”. IGN JAPAN (IGN Entertainment). オリジナル2018年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180109020027/https://jp.ign.com/rekidai-goty/20811/feature/goty1983 2019年2月3日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 宮本 2017, p. 27.
  8. ^ a b c d 松田 (2017年11月6日). “とんがりギャルゲー紀行 第1回:マリちゃん危機一髪”. 電脳世界のひみつ基地. チアソル. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月9日閲覧。
  9. ^ a b 宮本 2017, pp. 27 - 28.
  10. ^ a b c d 「美少女ゲームの歴史① 黎明編」, 『月刊ゲームラボ 2016年6月号』, p. 67.
  11. ^ a b Toshi Nakamura (2013年4月9日). “Here Are Some Adult Games Made By Famous Japanese Developers” (英語). Kotaku (Gizmodo Media Group). オリジナル2019年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190204115314/https://kotaku.com/here-are-some-adult-games-made-by-famous-japanese-devel-469801390 2019年2月4日閲覧。 
  12. ^ a b 多根 2006, p. 16.
  13. ^ 佐々木潤 (2017年12月19日). ““国民機”と銘打って登場したEPSONの「PC-286・386」シリーズと、数多くの作品を発売した老舗ソフトハウス「エニックス」”. AKIBA PC Hotline! (インプレス). オリジナル2019年1月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190112191547/https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/retrosoft/1090204.html 2019年2月3日閲覧。 
  14. ^ 佐々木潤 (2017年12月19日). ““国民機”と銘打って登場したEPSONの「PC-286・386」シリーズと、数多くの作品を発売した老舗ソフトハウス「エニックス」(5/9)”. AKIBA PC Hotline! (インプレス). オリジナル2019年1月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190112070956/https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1090/204/html/m80nensoft1.jpg.html 2019年2月3日閲覧。 
  15. ^ 宮本 2017, p. 28.

参考文献

雑誌記事

  • ゲームラボ編集部, 編纂.「今だから振り返ってみたい美少女ゲームの世界 1981 - 2016 美少女ゲームの歴史① 黎明編」、『月刊ゲームラボ 2016年6月号』、三才ブックス、2016年、 66 - 67頁。 - Kindle Unlimitedにて閲覧。電子書籍版に著者は明示されていないが、前田尋之が
    • 多根清史、「マリちゃん危機一髪」、林幸生編 『超エロゲー』 太田出版、2006年12月4日、15-16頁。ISBN 4-7783-1052-7 
    • 前田尋之、「マリちゃん危機一髪」 『ぼくたちの美少女ゲーム クロニクル』 (第二刷版) オークス、2016年8月8日、9頁。ISBN 978-4-7990-0809-6 
    • 宮本直毅、「脱衣ゲームによる「ごほうび」感覚の形成」 『エロゲー文化研究概論 増補改訂版』 (第1版第1刷版) 総合科学出版、2017年5月15日、25-28頁。
Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/マリちゃん危機一髪