ワシリー・カンディンスキー
Wassily Kandinsky
Vassily-Kandinsky.jpeg
1913年頃かそれ以前に撮影
生誕 (1866-12-04) 1866年12月4日
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国 モスクワ
死没 1944年12月13日(1944-12-13)(78歳)
フランスの旗 フランス共和国臨時政府 ヌイイ=シュル=セーヌ
教育 ミュンヘン美術院

ワシリー・カンディンスキーВасилий Васильевич Кандинский、Wassily Kandinsky、Vassily Kandinsky[1]1866年12月4日ユリウス暦)/12月16日グレゴリオ暦) - 1944年12月13日)は、ロシア出身の画家であり、美術理論家であった。一般に、抽象絵画の創始者とされる。ドイツ及びフランスでも活躍し、のちに両国の国籍を取得した。

略歴

彼はモスクワに生まれ子供時代をオデッサで過ごした。1886年から1892年まで、モスクワ大学で法律と政治経済を学ぶ。

1896年ミュンヘンで絵の勉強を始め、象徴主義の大家フランツ・フォン・シュトゥックに師事する。1902年ベルリンの分離派展に出品。1904年からはパリのサロン・ドートンヌにも出品している。1909年には新ミュンヘン美術家協会会長となるが、1911年にはフランツ・マルクとともに脱退して「青騎士」(デア・ブラウエ・ライター)を結成した[2]。その間の1910年に最初の抽象画を手掛け、絵画表現の歴史の新たな一歩を記している。代表作の『コンポジション』シリーズはこの最初のドイツ滞在期に制作された。

革命後、1918年にモスクワに戻った。当時のソ連では前衛芸術ウラジーミル・レーニンによって「革命的」として認められており、カンディンスキーは政治委員などを務めた。しかし、ヨシフ・スターリンが台頭するにつれ前衛芸術が軽視されるようになり、スターリンが共産党書記長に就く直前の1921年に再びモスクワを離れてドイツへと向かった。

1922年からはバウハウスで教官を務め、1933年ナチス・ドイツによってバウハウス自体が閉鎖されるまで勤務した。1941年にフランスがナチスによって占領されたのにも関わらず、彼はアメリカへの移住を拒否し続け、パリ郊外に位置するヌイイ=シュル=セーヌでその生涯を閉じた。なお、1928年にはドイツ国籍、1939年にはフランス国籍を取得している。

活動・評価

ピエト・モンドリアンカジミール・マレーヴィチとともに彼は抽象絵画の先駆者として位置づけられている。また、多くの著作を残しており、美術理論家としても著名である。

ナチス占領下のフランスでは、作品の展示を禁止されたり、彼について論じることを禁止されるなど、不遇のまま亡くなった。1967年に未亡人のニーナが、晩年の彼を支えた事でレジオンドヌール勲章を受け、完全に復権した。

作品

  • 馬上の二人 (1906-1907)
  • Improvisation avec Formes froides (1914)
  • Peinture non objective (1915)
  • Moscou, La Place Rouge (1916)
  • 無題 Sans titre
  • Impression III (1911)
  • Romantic Landscape (1911)
  • A Riding Amazon (1911)
  • Gorge Improvisation (1914)
  • 塔のある風景(1909)
  • Composition VII
  • Composition VIII (1923)

主な著作