作品番号(さくひんばんごう、: opus number)は、(クラシック音楽の)作曲家作曲した楽曲に付される番号。英語圏ではOp.ドイツ語フランス語などではop.と略されることが多い。日本語では「作品○○」と呼ぶが、英語風に「オーパス○○」と呼ぶこともある。おおむね、作曲の若い順に付けられる。作曲家が自ら付ける場合もあるが、クラシック音楽の場合は、18世紀以降、出版された1冊の楽譜を単位として与えられることが一般的である。そのため、作曲順というよりも出版順となることも多く、後人の混乱の元になることも多い。交響曲など大曲は1曲で1冊の楽譜となるため、ひとつの作品番号を与えられるが、ピアノ小品(たとえばショパン練習曲)などは1冊に複数の曲が収録されるため、個々の曲は「作品25-1」「作品25の1」「作品25 第1番」「Op. 25 No. 1」など様々に表記される。同じ理由などにより、最初の作品が出版されるより前に作曲された作品には付番されないこともある。没後に出版された曲には「遺作 : opus postumus: opus posthumous」という表記が与えられることもある。欧文、英文など欧米の言語ではop.やNo.または後述する学術的な整理番号と数字の間には半角スペースを入れるのが通常である。

改版などで2種類以上の版を区別するためには、番号に b (また a)などを付記する。

学術的な整理番号

作品番号がない、または欠落が多い作曲家などの場合、学術的な整理番号(作品目録番号)をそれに代えて用いることがある。また、生前未出版の作品には、「作品番号なし」を意味するドイツ語Werke ohne Opuszahlを略した「WoO」を用いることがある。

作品番号 (Op.) をもつ作曲家一覧

Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/作品番号