全米作家協会
英語: The Authors Guild
Authors Guild Logo 2017.png
略称 AG
設立年 1912年(107年前) (1912
種類 業界団体
地位 非営利団体 (501(c)(6)適用)[1]
目的
  • 著作権の保護
  • 言論の自由擁護
  • 著作家の経済的地位向上
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
メンバー 9,000超[1]
関連組織
  • The Authors Guild Foundation (全米作家協会財団)
  • The Authors League Fund (全米作家連盟基金)
  • The Authors Registry (全米著作物管理機構)
ウェブサイト authorsguild.org
過去名 The Authors League of America (全米作家連盟)

全米作家協会 (ぜんべいさっかきょうかい、英語: The Authors Guild略称: AG) は、著作権の保護、言論の自由の擁護、および出版業界との公正な契約取引を通じた著作家の経済的地位向上を目的とするアメリカ合衆国の業界団体である。「アメリカ作家協会」[2]、「米国作家協会」[3]、「米作家協会」[4]と呼ばれることもある[註 1]

著作家を対象とする業界団体は複数あるが、中でもAGは米国内で最古かつ最大の組織である[5]。1912年に全米作家連盟 (The Authors League of America、略称: ALA) として設立され、1921年には権利保護の対象者を絞った形で現在のAGへと改名した[5]ノーベル文学賞ピューリッツァー賞全米図書賞などの受賞者がAGの歴代理事および評議会メンバーに名を連ね[6]、協会員は9,000名超である[1]

AGはロビー活動にも積極的で、検閲の排除や税制問題、著作権保護などに関してアメリカ連邦政府あるいは州政府レベルに働きかけを行っている。また著作権侵害を巡ってIT大手Googleなどを相手取り、集団訴訟を申し立てて世論を二分したことでも知られている[7]

団体概要

沿革

1912年、アメリカのニューヨーク市にて全米作家連盟 (The Authors League of America、略称: ALA) として設立され、初代会長は後のイギリス首相で著作家のウィンストン・チャーチルが務めた[5]。なお、ALA設立の3年前にあたる1909年には、アメリカ連邦議会によって著作権法が改正され、著作権の保護期間が延長された社会的背景がある[註 2]

ALA設立当初は文学 (フィクションおよびノンフィクション) 作家だけでなく、劇作家作詞作曲家なども加入の対象としていた[5]。1919年に全米劇作家協会英語版 (The Dramatists Guild of America、略称: DGA) が設立されて分離独立[8]したのを受け、1921年に全米作家連盟 (ALA) は全米作家協会 (AG) に改名した。以降、映画・テレビ・ラジオの脚本家、劇作家、作詞家、作曲家を対象とした活動はDGAが中心となって担っている[8]。一方AGは、小説家、歴史家、ジャーナリスト、詩人、イラストレーターなど、主に出版業界を通じて作品を発表する著作家を権利保護と人材育成の対象としている[9]

会員資格とサービス

AGの協会員は上述の著作家の他に、著作物を出版社に売り込む著作権エージェント、著作家の著作権や印税を管理代行する財団・弁護士・会計士なども含まれる。協会員は、出版社との契約に関する法的アドバイス、保険サービス、ライセンス料や印税などに関するサポートをAGから受けることができる[5]。また協会員のうち、主に学生や若手著作家の会員を対象として、月次の小説コンテストや、出版社への売り込み方法の講習イベントなども随時開催されている[10]。協会員の国籍や居住地は不問だが、著作家がプロフェッショナル会員として加入登録するには、米国内での出版経験を有するか米国内の著作権エージェントを介している必要がある[9]

組織運営

AGは501(c)(6) の非営利団体として認定された法人 The Authors Guild, Inc. によって運営されている[1]調査報道およびファクトチェック大手ProPublicaによると、AGの501(c)(6) 認定による連邦所得税免除は、1996年3月より適用されている。2016年度のAGの収入は2,512,043米ドルであり、うち61.7%は協会員からの会費収入が占める[11]

AGの姉妹組織として、The Authors Guild Foundation (全米作家協会財団)、The Authors League Fund (全米作家連盟基金)、およびThe Authors Registry (全米著作物管理機構) の3組織が挙げられる。「財団」は20世紀後半に設立され、寄付金を広く募って運用・管理してAGの活動を支えている[12]。「基金」は1917年に創設され、収入減や疾病による生活困窮に備えた互助的な保険サービスを著作家に提供している[12]。また「管理機構」は、著作権者に代わって米国外からの印税収入を徴収・分配する国際決済サービスを提供している。管理機構はAGの他、全米ジャーナリスト・作家協会英語版 (The American Society of Journalists and Authors、略称: ASJA)、先述のDGA、および全米著作権エージェント協会 (The Association of Authors' Representatives、略称: AAR) の4組織によって1995年に共同設立された[12]

なお、AG本体が協会費を会員から徴収するのに対し、協会員外からの寄付は姉妹組織の「財団」が募る理由は、501(c) の認定タイプと税免除の違いによる。501(c) のうち、501(c)(6) は業界団体向けの非営利団体認定であり、寄付を受け取るAG側は連邦所得税が免除されるものの、501(c)(6) 組織に対して寄付をする個人・法人側には、その寄付金が税控除されないことからメリットが低いという特徴がある。一方、財団 (foundation) や慈善団体 (charitable organization)、宗教団体などは501(c)(3) に分類され、寄付者側も税控除の対象となる。そのため、501(c)(6) の業界団体は、別途501(c)(3) の財団を設立して寄付を募る商慣習がある[註 3]

著名人

AGの現行体制[6]:

AGの歴代会長 (順不同)[5]: