えびす講の様子
えびす講の賑わい(堀川戎神社

えびす講(えびすこう)は、おもに10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事。秋の季語。大鳥大社など日本各地の鷲神社で行われる酉の市は由来が異なり全く関係がない。

概要

神無月旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。地方や社寺によっては、旧暦の10月20日であったり、秋と春(1月20日)の2回開催したり、十日えびすとして1月10日1月15日とその前後などに行うこともある。えびす祭えべっさんとも言われる。えびすを主祭神とするえびす神社のみならず、摂末社として祀っている社寺でもおこなわれる。

のひとつであり、漁師商人が集団で祭祀をおこなう信仰結社的な意味合いもあるが、えびす講は各家庭内での祭祀の意味も持つ。東日本では家庭内祭祀の意味合いが強く、また東日本では商業漁業の神としてのみならず、農業神として崇める傾向が西日本よりも顕著である。地域によっては1月のえびす講を商人えびす、10月のを百姓えびすと呼ぶこともある。

商業従事者や商業者団体がえびす講に合わせて安売りをおこなうこともあり、近年にはこの安売りイベント・商業祭というイベントとしてえびす講をおこなう地域もある。

えびす講の日にはが立ち、魚や根菜など青物が売られる。またたくさんの縁起物を飾った福笹あるいは熊手が販売される。この縁起物は神社から授与されるもので「吉兆」とも呼ばれる。

えびす講がおこなわれるおもな社寺

各地のえびす講

  • 足利えびす講
栃木県足利市の西宮神社でおこなわれる。11月19日が宵祭りで翌20日が本祭り。
  • 西宮神社(西宮市)

京都府京都市の八坂神社の摂社である四条京極の冠者殿社が発祥の行事。冠者殿社は誓約(うけい)の故事により誓約の神として崇められる。また堀川夜討ちで倒れた土佐坊昌俊の故事から、偽りの誓文をした身を祓い清めるとされる。祭礼日はえびす講と同じく10月20日で、この日には遊女などが参詣して身を祓い、さらに商人は利益を客に還元する大安売りを行った。

福岡市川端通商店街で行われる誓文払いは「大阪の蛭子市」から発想を得て始められたバーゲンセールである。

参考文献

  • 『えびす信仰事典』 吉井良隆、戎光祥出版〈神仏信仰事典シリーズ〉、1999年。
Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/十日戎