大隅半島の位置
大隅半島の位置
大隅半島
大隅半島の位置
大隅半島のランドサット衛星写真。スペースシャトル標高データ使用。
佐多岬は九州島の最南端でもある

大隅半島(おおすみはんとう)は、日本列島九州南部に位置する半島鹿児島湾(錦江湾)の東岸にあり、西岸に薩摩半島、両半島に挟まれた桜島とは1914年大正3年)の「桜島大正大噴火」で陸続きとなった[1][2][3][4]

概要

大隅地方は、行政区域としては鹿児島県のうち曽於地区肝属地区の4市5町を指すのが一般的であるが、地形的にはそのうち曽於市の一部(旧末吉町財部町)が除かれ、反対に霧島市の一部(旧福山町)が半島に属するものとされる[5]。また、半島振興法の指定を受けている「大隅地域」として桜島全域と宮崎県の一部も属する。

「大隅」を「大」と表記しているものが多々見られ[6]、一部の機器では「おおすみ」と打つと「大(おおくま)」と変換できるものも存在するがこの表記は誤りである。

地理

半島振興法の指定を受けている地域の面積は2,540.96平方キロメートル[1]。総面積の64%が森林で占められている[7]

薩摩半島とともに鹿児島湾(錦江湾)を囲み、東岸は太平洋フィリピン海)に面する。南端は佐多岬で、国際海峡大隅海峡をはさんで大隅諸島と対峙する。西岸には桜島が陸続きとなっている。また、東岸には、内之浦湾志布志湾といった入り江がある。

高隈山地が半島の北西を、肝属山地(国見山系)が半島の南東を、鰐塚山地が半島の北東をそれぞれ走る。中央部には肝属川の沖積平野とシラス台地笠野原台地を中心とする肝属平野や鹿屋丘陵といった低地が広がり、地形的には北に隣接する都城盆地と連続している[8]

人口

半島振興法の指定を受けている地域の人口は286,972人(2010年国勢調査[9]。1955年の466,128人から38.4%の減少となり[9]、2015年現在は鹿屋市の一部(旧鹿屋市、串良町)、1950年に鹿児島市に編入された旧東桜島村[10]を除く全市町が過疎地域に指定されている。

政治

衆議院小選挙区では霧島市、熊毛地区種子島屋久島口永良部島)とともに鹿児島県第4区を構成する(2017年の区割り変更以前は、霧島市を除く地域で5区、1994年以前の中選挙区制下では3区を構成していた)。鹿児島県議会の選挙区では鹿屋市・垂水市曽於市志布志市・曽於郡、肝属郡の4つに分かれている。

産業

農業、特に畜産が盛ん。大隅半島に隣接する宮崎県都城市とともに、日本国内の代表的な生産拠点のひとつとして機能している。

商業は鹿屋市を中心とするが、鹿児島都市圏都城都市圏への流出もみられる[11]

行政区域

半島振興法における「大隅地域」の範囲[1]