小正月(こしょうがつ)とは、正月15日[1][2]行事である。または、14日から16日までの3日間[1]、または、14日の日没から15日の日没まで[3]、または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされる。

本来旧暦だが、明治の改暦後は新暦1月15日、もしくは、2000年からは成人の日(1月第2月曜日)に行われる場合もある。

元日(または元日から1月7日まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。正月(字義通りには月末まで)の終わりとも位置づけられる[3]小年(こどし)、二番正月若年女正月(おんなしょうがつ)、花正月[1]返り正月戻り正月と呼ぶ地方もある[1]

由来

中国式の太陰太陽暦が導入される以前、の日を月初としていたことの名残りと考えられている[4]六朝時代の歳時記である『荊楚歳時記』によれば、「正月十五日、豆糜を作り、油膏を其の上に加え、以て門戸を祠る。其の夕、紫姑を迎え、以て将来の蚕桑を卜い、并せて衆事を占う」とある[5]

風習