屍姦(しかん)は、死体を姦する(性的に犯す)ことを言う。広義には死体に欲情する性的嗜好をも指し、死体性愛屍体性愛、したいせいあい)、死体愛好屍体愛好、したいあいこう)、ネクロフィリア(necrophilia)[1]とも呼ばれる。性的倒錯の一つでもある。「屍(しかばね)を姦する」に語源を持つため「屍姦」の表記が本来的であるが、「死姦」の誤記も散見される。

精神分析における用法

エーリヒ・フロムは「生に対するリアリティが失われ、死に対する欲望が高まる病理現象」をネクロフィリアと命名している[2]

歴史的な事例

  • 屍体性愛は、他の性的倒錯と同様に、非常に古くから人類のうちにあったと考えられるが、異常である故の秘匿な行為であったために、実例を見つけるのは難しい。ヘロドトスの『歴史』第2巻には、古代エジプトでは位の高い男の妻や美しい女が死んだ場合、ミイラ職人に屍姦されることのないよう、死から3、4日たった後に死体を引き渡した、という記述がある。古代には、死者との性交が魔術的な意味を持っていたと考えられる場合もある。モチェ文化のものとして、廃墟で生者と交わる骸骨の死者が描かれた陶器が出土しているという。
  • 中国の正史晋書』の列伝には、西晋の親王司馬榦の屍姦の嗜好が記されている。また、東晋干宝の『捜神記』巻15には、後漢貴人馮氏桓帝の妃嬪)の墓が盗掘された際に、遺体が生前とさほど変わらなかったため、盗賊が争って遺体を屍姦した、という記事もある。
  • 18世紀フランス売春宿では、女が棺桶の中で死体のふりをし、男性が修道士の姿になり交わるという屍姦的なサービスを行っていた場所もあり、一部の人間にはかなりの人気があったようである。また、女優のサラ・ベルナールが普段から棺桶で眠っていたという話はよく知られている。
  • 近代以降になると、巷の事件として屍姦の例を多く見られる。

    主に以下の行為が当てはまる。

    • 死体を姦淫する行為自体に興奮を覚えること。
    • 死体を姦淫する行為を見ることに興奮を覚えること。

    以下の行為は分けて扱われる場合もある(淫楽殺人、猟奇殺人など)。

    • 強姦して相手を殺害してしまう行為そのものに興奮を覚えること。
    • 男性が女性に対して強姦し、また絞殺することによって相手が死ぬ直前に窒息状態になる。この際穴が縮小し男性の性器を強く刺激することによる強度の刺激から来る快感と、相手を死に至らしめる達成感に興奮を覚えること。実際には窒息状態になったからといって膣穴が縮小することは無く、息を止めても変わらないのと同じ。男性も同じで窒息状態になったからといってうっ血して勃起力が上がることはない。

    また、強姦しようとして抵抗されたため殺害してから性交を遂げようとしたことで結果的に屍姦となる場合もある。

    現在における屍姦

    現在、日本では屍姦そのものについて罪に問われることはない[3]が、殺人死体損壊につながる行為であり、社会的に許容されることはまずあり得ない(屍姦を行った著名な日本人としては小平義雄栗田源蔵佐川一政などが挙げられる)。逆に言えばそれゆえに研究が遅れている分野でもある。このような性的嗜好が顕在化する要因として、フロイト派では、幼少時に見た「眠っている母親の姿」に愛情を感じ、それが欲情へと変化するためであると主張している。また、眠っている相手との性行為を体験したことがきっかけで顕在化することもあるという。これとは関係ない説として自尊心の弱さが逆らえない相手に対する欲望を生むという説もある。

    米国では2004年カリフォルニア州アーノルド・シュワルツェネッガー知事が屍姦を禁止する法案を承認した。これまで法的に罰することが不可能だった死体との姦淫が公式に不法なものとなった。

    山口県光市母子殺害事件では、加害者が被害者を殺害した後、辱めたとされている。裁判では生き返らせるための儀式だと供述。また、あまり知られていないが1993年に発生した埼玉愛犬家連続殺人事件の加害者も被害者を殺害後に辱めたことがあると言う[4]

    姦淫までは明らかになっていないが、2011年ロシアニジニ・ノヴゴロド市で、高名なケルト語学者で墓地研究家のアナトリー・モスクヴィン英語版が、人形の格好をさせた若い女性のミイラ化した遺体29体を自宅に隠し持っていた事件が発覚した。遺体は墓場から盗んだとみられ、人形のような服を着せ、顔と手は布で覆っていた。部屋には遺体のほかに、人形製作の本や本物の人形、ぬいぐるみ、仮面なども散乱していた。逮捕される以前のインタビューで、死体や墓地に興味を持ったきっかけとして、12歳のときにたまたま出会った葬儀で、11歳で亡くなった少女の額にキスをさせられたことだと答えている[5]

    屍姦を題材にした作品