北京東城区地壇公園での旧正月

旧正月(きゅうしょうがつ)は、旧暦正月(年初)。旧暦元日旧暦1月1日)、またはそれから始まる数日間のことである。

概説

ここで言う旧暦とは、狭義には、中国日本朝鮮半島ベトナム等でかつて使われていた、中国暦およびその変種のこと(基本的に中華圏では時憲暦、日本では天保暦を指す)であるが、下述するように、広義には、モンゴルチベット仏教暦、東南アジア諸国の上座部仏教暦のように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もある。

旧暦1月1日は、通常雨水2月19日ごろ)の直前の日であり、1月21日ごろから2月20日ごろまでを毎年移動する。旧暦で平年だった年は翌年の旧正月は約11日後退し、閏月があれば約18日進む。

中国大陸香港台灣韓国ベトナムモンゴルブルネイ等では、最も重要な祝祭日の一つであり、グレゴリオ暦(新暦)の正月よりずっと盛大に祝われる。ほかに、シンガポールマレーシアインドネシアミャンマーなど中華圏の影響の強い華人(中国系住民)の多い東南アジア諸国、世界各地の中華街などではChinese New Yearとして祝われる。ただし日本では、沖縄奄美の一部地域や中華街等を除けば、現在はグレゴリオ暦の正月が祝われることが多い。

なお、旧正月は全ての国や地域で同じ日とは限らない。これらについては後で詳細に述べる。

日本・ベトナム等の旧正月は、時差により、中国標準時を使っている他国と異なることがある。

モンゴルの旧正月は、中国暦とは別系統のモンゴル暦(en)の年初なので、他国と異なることが多い。

一覧

漢字文化圏

  • 日本語 - 旧正月(きゅうしょうがつ)
  • 中国語 - 春節簡体字では春节繁体字では春節)、新年(新年新年)、新春(新春新春)、大年(大年大年)、農暦年(农历年農曆年)、農暦新年(农历新年農曆新年)、旧暦年(旧历年舊曆年)、元旦(元旦元旦
  • 朝鮮語 - ソルラル설날)、ソル)、陰暦ソル음력설(陰歷설))、クジョン(旧正、구정)(韓国語版)、北朝鮮では陰歷ソルと呼ばれることが多い。
  • ベトナム語 - テトTết、漢字では節)、テトグェンダン(Tết Nguyên Đán、節元旦)(en)
  • 英語 - Chinese New Year (CNY)、Lunar New Year、Chinese Lunar New Year、Spring Festival、Tet(ベトナムの)、○○(国名の形容詞) New Year

中国では、1911年の辛亥革命後、翌1912年の中華民国の成立時に太陽暦が正式に採用され、元旦は新暦の1月1日へ移動し、旧暦1月1日は「春節」とされ現在に至る。そのため2013年は、1913年に始まった「春節」の百年記念とされた[1]。関連語として、旧暦大晦日の晩の人気テレビ番組は春晩、春節に伴う民族の大移動は春運などと表現される。

英語では、Chinese New Yearは中国に限らず中国暦(およびその変種)での旧正月の総称として使える。ただし、モンゴルの旧正月は中国暦ではないので含まない。

Lunar New Yearは、中国暦・モンゴル暦のみならずイスラム暦などを含む、太陰暦太陰太陽暦一般の年初の総称である。各国の旧正月を特にいう場合は、Korean New Yearなどともいえる。テト攻勢により、ベトナムの旧正月はTetで通じる。

Japanese New Yearは日本でのグレゴリオ暦の正月を意味するので、旧正月を意味するには Traditional Japanese New Year という必要がある。

チベット仏教圏

モンゴル語のツァガーンサルは、「モンゴル暦(en)の年初」の名称であって、他国語での旧正月の名称とイコールで結ばれるものではない。

上座部仏教圏