こうふし
甲府市
愛宕山から甲府市街と南アルプスを望む 酒折宮 甲斐善光寺 昇仙峡 躑躅ヶ崎館 信玄公祭り 和田峠から望む 甲府盆地の夜景 甲府鳥もつ煮 中銀スタ
甲府市旗 甲府市章
甲府市旗
1906年10月13日制定
甲府市章
1906年10月13日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 山梨県
団体コード 19201-5
法人番号 1000020192015
面積 212.47km2
総人口 189,589[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 892人/km2
隣接自治体 甲斐市山梨市笛吹市北杜市中央市中巨摩郡昭和町南都留郡富士河口湖町西八代郡市川三郷町南巨摩郡身延町
長野県南佐久郡川上村
市の木 カシ
市の花 ナデシコ
市の鳥 カワセミ
甲府市役所
市長 樋口雄一
所在地 400-8585
山梨県甲府市丸の内1丁目18番1号
北緯35度39分43.7秒東経138度34分5.6秒座標: 北緯35度39分43.7秒 東経138度34分5.6秒
甲府市役所
外部リンク 甲府市ホームページ

甲府市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

甲府市(こうふし)は、山梨県中部の国中地方に位置するであり、同県の県庁所在地でもある。2000年平成12年)11月1日特例市に指定され、2019年(平成31年)4月1日施行時特例市から中核市に移行された。2018年4月現在、全国の県庁所在地の中で人口が最も少ない。

概要

市域は山梨県の中央を南北に三日月形に縦断しており、市街中心部は甲府盆地の中央北寄りに位置する。山梨県は首都圏整備法上の首都圏に属するであり、その位置関係から東の関東地方への志向性が強い。

名称の由来

甲府という名称は、1519年永正16年)に甲斐国守護大名武田信虎が、居館を石和(現在の笛吹市石和町)、次いで川田(現在の甲府市川田町)から躑躅ヶ崎館(現在の武田神社・甲府市古府中町)へ移した際に、斐国の中という意味から甲府と命名したことに始まるものである(律令制に基づく国衙が置かれたわけではない)。戦国時代には大名領国を形成した武田氏の本拠地となり、武田氏滅亡後は徳川氏や豊臣系大名浅野氏の甲斐国経営の中心となり、国中地域や甲斐国の政治的中心地と位置付けられる。江戸時代には江戸の西方の守りの要として重要視され、また甲州街道宿場町としても盛えた。近年では、宝石研磨産業が盛んである。

地理

市域は甲府盆地の中央部を南北に縦断する形で位置しており、周囲を奥秩父山塊御坂山地南アルプスなどの山々に360度囲まれたその地形を1939年昭和14年)の一時期、市内に住んだ太宰治は、著書「新樹の言葉」の中で、「シルクハツトを倒(さか)さまにして、その帽子の底に、小さい小さい旗を立てた、それが甲府だと思えば、間違いない」と表現した[1]。市街中心部の標高は約250mから300mであるが、市域全体の標高差は大きく、最低部は市域南部の笛吹川付近の標高約245m、最高部は市域最北端、長野県川上村との境界にある金峰山の標高2,599mと実に標高差は2,350mに達する。市域北側の大半は秩父多摩甲斐国立公園に属し、奇岩と渓谷美で知られる御岳昇仙峡(国の特別名勝)は山梨県を代表する観光地である。

広袤(こうぼう)

甲府市中心部周辺の空中写真。1975年撮影の28枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

国土地理院地理情報によると甲府市の東西南北それぞれの端は以下の位置。

北端と東端は大弛峠のすぐ近く、南端は女坂峠の近く、西端は甲斐市立敷島北小学校の北にある、荒川の右岸。

また、2010年国勢調査基準による人口重心は相生3丁目付近にある。

  北端
北緯35度52分33秒 東経138度39分28秒 / 北緯35.87583度 東経138.65778度 / 35.87583; 138.65778 (甲府市最北端)
人口重心
北緯35度39分14.09秒 東経138度34分4.32秒 / 北緯35.6539139度 東経138.5678667度 / 35.6539139; 138.5678667 (甲府市人口重心)
西端
北緯35度41分50秒 東経138度31分25秒 / 北緯35.69722度 東経138.52361度 / 35.69722; 138.52361 (甲府市最西端)
市役所
北緯35度39分21秒 東経138度34分02秒 / 北緯35.65583度 東経138.56722度 / 35.65583; 138.56722 (甲府市役所)
東端
北緯35度52分23秒 東経138度39分40秒 / 北緯35.87306度 東経138.66111度 / 35.87306; 138.66111 (甲府市最東端)
 
南端
北緯35度30分07秒 東経138度37分01秒 / 北緯35.50194度 東経138.61694度 / 35.50194; 138.61694 (甲府市最南端)
 

地形

愛宕山より甲府市街と南アルプスを望む。2012年11月撮影。

山地

主な山