聖母大聖堂
オランダ語: Onze-Lieve-Vrouwekathedraal
聖母大聖堂
北緯51度13分14秒 東経4度24分02秒 / 北緯51.22056度 東経4.40056度 / 51.22056; 4.40056座標: 北緯51度13分14秒 東経4度24分02秒 / 北緯51.22056度 東経4.40056度 / 51.22056; 4.40056
所在地 アントウェルペン
ベルギーの旗 ベルギー
教派 ローマ・カトリック
ウェブサイト www.dekathedraal.be
歴史
創設日 12世紀以前
守護聖人 聖母マリア
建築物
設計者 ペーター・アッペルマン英語版[1]
様式 ゴシック建築
着工 1352年
完成 1521年
建築物概要
尖塔数 1(南塔は未完成)
尖塔の高さ 123m
管轄
主教区 アントウェルペン司教区英語版
聖職者
大主教
(大司教)
ヨハン・ボニー英語版
テンプレートを表示

聖母大聖堂(せいぼだいせいどう)は、ベルギーアントウェルペン英語: アントワープ、フランス語: アンヴェルス)にある、ローマ・カトリック教会の教会(司教座聖堂)。

名称について

アントウェルペンを含む現在のベルギー北部(フランデレン地域)は、フラマン語オランダ語系)圏である。しかしながら、歴史的にフランス語が公用語として用いられた経緯(言語戦争#ベルギーの例)から、「ノートルダム大聖堂」が用いられることも多い。そのため、日本語文献でも「聖母(マリア)大聖堂」「ノートルダム大聖堂」あるいは地名を冠して「アントワープ(の)大聖堂」等の表記の揺れがある。

本項目では、フランダース政府観光局が日本語訳の「聖母大聖堂」を採用している[2]ことから、以下「聖母大聖堂」表記を原則として記述する。

各言語での表記は以下の通りで、いずれも「我らが貴婦人の聖堂」すなわち聖母マリアに献堂されたことを意味する。

概要

世界遺産ベルギーとフランスの鐘楼群を構成する建築物のひとつ。アントウェルペン市内では、市庁舎とともに登録されている。

ピーテル・パウル・ルーベンスによる『降架』を題材にした三連祭壇画で知られる。さらに日本では、同名小説を原作としたアニメーション作品『フランダースの犬』により、主人公の少年が観賞を熱望した絵画及び教会として有名になった。

歴史

大聖堂建設に携わった建築家、ペーター・アッペルマンの功績を称える記念像が、第2の塔の下に設置されている[1]

12世紀の聖堂を前身とし、1352年ゴシック様式で建設が開始された[3]ジャン・アッペルマン英語版ペーター・アッペルマン英語版父子により[1]、徐々に建設が進んだ後、1472年から1500年にかけヘルマン・デ・ワーゲマーケレオランダ語版の設計により二つの側廊が完成した[3]。ヘルマンの息子ドミーンが、アントウェルペンの経済発展を背景に、建築を一挙に進めた[3]

1518年に完成した尖塔(北塔)は123mあり、ブルッヘ聖母教会の122mを超え、ネーデルラント(低地地方)における最も高い建築物となった[4]1521年に、南塔を除き、完成した。神聖ローマ皇帝カール5世ブルゴーニュ公位を継承、兼スペイン王)は、1521年に尖塔を見て「一つの王国に値する」と称賛した[5]。アントウェルペンの発展を象徴する建築物として、絵画の背景にも描かれた[6]

1533年火災により被害を受けた[7]1559年アントウェルペン教区英語版の設立により、司教座聖堂となる。しかし、1566年にはゴイセンネーデルラント17州におけるカルヴァン派)の聖像破壊運動により、美術品が破壊された[7]

17世紀初頭、ピーテル・パウル・ルーベンスがアントウェルペンに戻ると、アルブレヒト大公イザベラ大公妃の宮廷画家となり、多数の祭壇画を制作した[8]。本聖堂に納められた『キリストの昇架』、そして『キリストの降架』や『聖母被昇天』がこの時期の作品である。

1801年コンコルダートにより、司教区が再編され、司教座を失った。1961年に、アントウェルペン司教区が再設立されたことを受け、再び司教座聖堂となった。

1872年に、英国出身の女性作家ウィーダが『フランダースの犬』を出版した。作中には、本聖堂とルーベンス作品がモチーフとして登場する。2003年になって、聖堂前に記念碑が立てられ、さらに2017年に新たな記念碑が建立されている(フランダースの犬の項を参照)。

美術品

以下のルーベンス作品の他、美術家ヤン・ファーブルによる彫刻作品『十字架をもつ男』なども置かれている[9]