護岸(ごがん、英:Revetment)は河川の修復や河川工学または沿岸工学において流入するのエネルギーを吸収するような方法で土手または崖の上に置かれる傾斜した構造物。軍事工学では傾斜面を持った構造物を意味し、砲撃、爆撃、または貯蔵された爆発物から領域を確保するために形成されているものを表す。河川や沿岸の護岸は通常、既存の岸線の用途を維持し、侵食に対する防御として斜面を保護するために建設されている。

淡水域の護岸

木製の護岸
ロックアーマーの護岸
Oples川沿いの堤防護岸( Liliw、Laguna )

多くの護岸は、河川湖沼から、淡水を貯水するために使用されている人工貯水池を、特に洪水や雨季期間中の損傷を防止するために、多くの材料が活用される:木の杭、ゆるく積み重ねられた岩[1]または具体的な形(捨石を参照 ) [2]またはより堅くした土構造など。

具体的な護岸例としてミシシッピ川を制御するために使用されているのは、インフラストラクチャの最も一般的な形式[3] 1,000マイル (1,600 km) もの距離の中、川の湾曲に配置されたカイロ、イリノイ州メキシコ湾では頻繁に小さな部のうちに改修し、自然の浸食進行を和らげている [3]

沿岸防衛としての護岸

護岸は、砕波がさもなければ海岸線を枯渇させる可能性がある地域の沿岸侵食防御のため低コストの解決策として活用される。木製の護岸は木のフレームに対して置かれた板でできているので、水の力を制御する。木製の護岸の使用は、かつては普及していたが、 テトラポッドなどの現代のコンクリートベースの防衛構造に大部分が置き換えられている。

根固めブロック

ムンバイのウォーターフロントに沿うテトラポッドの護岸

沿岸工学では、テトラポッド(消波ブロック)は防波堤の装甲部として使用される4本足のコンクリート構造で、テトラポッドの形状は、反対方向ではなく水を周囲に流すことで入ってくる波の力を消散させ、テトラポッドのランダムな分布を互いに連動させることによって変位を減らすように設計されている。

要塞

第一次世界大戦における、イギリスによる擁壁護岸付き塹壕建設のための解説図 。立っている兵士の前の部分が擁壁護岸である。

アメリカ国立公園局によると、アメリカ南北戦争で防衛を主な目的として、丸太、木の板、フェンスレール、粗朶蛇籠 、ハードル、砂または石、護岸は胸壁の内部斜面を支持するために建設された擁壁として定義されているが、擁壁護岸は敵の砲火からのより優れた防護能力を持ち、そして最も重要なのは、ほぼ垂直の内側斜面を保てることである。石の護岸は一般的に長持ちし、樹脂の多い松やヒノキや多孔質の砂質土壌から、丸太の護岸もいくつか保存されている。塹壕が放棄された後は、他の用途に使うため多くの丸太または横木の護岸が持ち去られ、内部の斜面はより急速に落ち込んだ。胸壁が護岸を浸したまま浸食された場合、内側の斜面はより垂直に見えるという。 [4]

種類

  • 環境護岸
  • コンクリートブロック積
  • 張り護岸
  • 木製護岸
  • 石積護岸
  • 擁壁護岸
  • 近自然護岸
  • 緩傾斜護岸
  • 親水護岸
  • 緑化護岸
  • 階段護岸
  • 覆土護岸
  • 80年代後半から90年代前半にかけて、建物に施されるスーパーグラフィックのように河川護岸や水門ゲート、トンネルの坑口や擁壁など広面積が生じる箇所に絵を描く事例が見受けられた。現在でも、南沢川水門(宮城県登米市津山町柳津)や古川水門(東京都港区海岸)など、水門などに当時描かれたと思しき絵画や模様などが残るものがある。90年代以降はタイルを貼って図柄を描 く手法やレリーフをほどこすもの、あるいは化粧型枠で模様をつけるものとともに、多くの土木景観に関する識者や研究者からの相次ぐ批判により、[5]実施事例は少なくなる。

    山梨県(2018)や国土交通省河川局が発表した河川景観に関するガイドライン(2006)留意点 4:護岸の模様、など「控えめで周囲の中にとけ込む風景づくりを基本に考え、護岸に絵や模様を描かないようにする。」としており、理由として佐々木(1994)は、土木構造物に生じる広面に絵を描いたことによって、風景全体のバランスが崩れてしまうこと、時間とともに汚れて見苦しくなること、一方で見苦しくならない塗料を開発しても、周囲の木々は季節とともに色を変えていくのに、絵だけはいつまでも同じ色で輝いているという違和感を生じさせること、絵の題材に対し現在だけでなく将来においても全ての人々に受け入れられるようなものを特定することが困難なことなどで、公共性の高い土木構造物のデザイン手段として、不適当であることを挙げている。

    一方でうるま市教育委員会主催津波防止用護岸に絵を描く「平宮護岸アートコンクール」[6] や、横須賀市馬堀海岸の護岸壁に描かれたアートペイントを展示する「うみかぜ画廊」、新潟西海岸消波ブロックにペンキで絵を描く「ブロックアート」[7]若洲海浜公園『SEA-FRONT-MUSEUM』[8]、一般社団法人沖縄青年会議所主催沖縄市後援の「泡瀬の護岸に絵を描こう」など、海岸線に沿う護岸などに対しては頻繁に絵画が描かれる。

    河川での近年の取り組み事例では、一般社団法人ソトノバは2017年12月初旬、街おこしプロジェクト「染の小道」の実行委員有志による、実験プロジェクトで東京都新宿区の落合・中井エリアを流れる妙正寺川の護岸に染物の文様を描いているほか、落書き防止の意味合いで実施事例がいくつか紹介がなされている。[9]

    なおこうした「護岸のペインティング」は屋外広告物に該当するが、東京都屋外広告物条例では護岸に描かれるのは屋外広告物の設置対象場所ではないため、条例に基づく「適用除外の審査」が必要になる。また、道路を使用する場合や道路交通安全上の視点から「ペインティング」が目立つ場合は、交通管理者や道路管理者と事前協議を行う必要が生じる。そして費用は申請者の負担であり、ペインティング掲示期間も永続的ではなく、後の現状回復も実施者当人の自己費用で行う必要がある。[10]

    関連項目

    Original: Original:

    https://ja.wikipedia.org/wiki/護岸