2010年バンクーバーオリンピック
第21回オリンピック冬季競技大会
XXI Olympic Winter Games
Van City Hall 2010 Flag.jpg
開催都市 カナダの旗 カナダ バンクーバー
参加国・地域数 82
競技種目数 7競技86種目
開会式 2010年2月12日
閉会式 2010年2月28日
開会宣言 ミカエル・ジャン総督
選手宣誓 Hayley Wickenheiser
審判宣誓 Michel Verrault
最終聖火ランナー ウェイン・グレツキー
ナンシー・グリーン英語版
カトリオナ・ルメイ・ドーン
スティーブ・ナッシュ
リック・ハンセン英語版
主競技場 BCプレイス・スタジアム
冬季
2006年トリノ 2014年ソチ  >
夏季
2008年北京 2012年ロンドン  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示
バンクーバーオリンピック公式エンブレム"Ilanaaq"(イラナーク)のモニュメント(ウィスラー・マウンテン)。イヌイットの道しるべ、イヌクシュクをもとにしている

2010年バンクーバーオリンピックは、カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー市2010年2月12日 - 2月28日に行われた21回目の冬季オリンピック

カナダでの冬季五輪開催は1988年カルガリーオリンピック以来、22年ぶり2回目。テーマはカナダ国歌「オー・カナダ」の一節でもある "With Glowing Hearts"[1](燃える心と共に)。

概要

大会招致までの経緯

2010年冬季五輪開催地は2003年7月チェコプラハで開かれた第115次IOC総会にて投票により決定された。

総勢126名のIOC委員のうち開催候補都市の国の委員7名と不参加の委員及びIOC会長を除いた113名が最終選考に残ったバンクーバー(カナダ)、平昌(ピョンチャン/韓国)、ザルツブルクオーストリア)の3都市に投票。

1回目の投票では当初の予想を大幅に覆し平昌が51票を獲得してトップに立ち、以下バンクーバー40票、ザルツブルク16票と続いた。しかし1位の平昌が過半数の票を獲得できなかったため最下位のザルツブルクを除外しバンクーバーと平昌による決選投票が行われた。

決選投票ではバンクーバーにザルツブルクからの支持票が回り、結果56対53と僅か3票差でバンクーバーが逆転し2010年冬季五輪開催都市に決定した。

2010年冬季オリンピック開催地投票
都市 1回目 2回目
バンクーバー カナダの旗 カナダ 40 56
平昌 大韓民国の旗 韓国 51 53
ザルツブルク  オーストリア 16

大会の特徴

冬季・夏季を含めて史上初めて開会式が屋内で行われた五輪である。開会式と閉会式はバンクーバーの市街地中心部に位置するフォーシーズンズホテルから南東約600メートルにあるBCプレイス・スタジアムで行われた。開会式の入場行進で日本は43番目であった。

1984年サラエボオリンピックまでの冬季五輪の閉会式は開会式で使用された会場とは別の会場で行われ、開会式会場よりも収容人員がかなり少ない屋内で行われることが普通であったが、1988年カルガリーオリンピック以降は開会式と閉会式は同一会場で行われるようになった。またバンクーバーの人口はおよそ57万人であり、歴代冬季五輪開催都市では札幌市(開催当時約100万人)、トリノ(同約90万人)に次いで3番目に人口が多い。

なお、カナダは前大会2006年トリノオリンピックでメダル獲得数国別で初の3位になるなど、近年大会ごとにメダル獲得数を増やしていることから地元開催のオリンピックで初の金メダル獲得とメダル獲得数の更新が期待されていたが最終的には金メダル14個、メダル総数26個を獲得し、金メダル総数で今大会1位(冬季オリンピックとしても史上最多の獲得金メダル数)、メダル総数ではカナダの過去冬季オリンピックの記録を更新した[2](カナダは、1976年モントリオールオリンピック(夏季)と1988年カルガリーオリンピック(冬季)では金メダルを獲得できていなかった)。

今大会では、アイスホッケー競技は国際アイスホッケー連盟(IIHF)が定めるサイズ(61m×31m)ではなく、ナショナルホッケーリーグ(NHL)サイズ(60m×26m)のリンクを使用した。これは、使用する会場であるGMプレイスなどのリンクが北米で一般的なNHLルールに基づいて設計されており、IIHFルールへの面積拡張が不可能な為である。ただし、試合の進行はIIHFルールに基づいて行われた。

また、五輪史上初めて「未使用の入場券を減らす」という目的でオリンピック組織委員会による公式の転売サイトである『ファン・トゥ・ファン』が公式サイト上に設置された[3]。中には額面を遙かに超える値段で入場券を売り出す購入者もいた[4]

理念

今大会の理念は「先住民の参加」「環境への配慮」「持続可能な発展」の三つである。

大不況下での五輪

2008年の9月に始まった世界同時不況は今大会の運営にも影響を及ぼした。選手村は大会後には分譲住宅として販売される予定だが、買い手がなかなかつかない情況になるなどした。そのため赤字、すなわち「商業五輪」として失敗が危惧されたが、IOCは黒字になるだろうという見解を示した。しかし、3月1日には赤字になったことが明らかになった。

実施競技と日程

前回2006年トリノオリンピックの実施競技に加えて男女のスキークロスが公式種目に追加されており、リュージュ2人乗りが男子種目から混合種目に変更になっている。各競技の詳細については、それぞれの競技のリンク先を参照のこと。

日付 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
開・閉会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
フリースタイルスキー
スノーボード
スケート スピードスケート
フィギュアスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスホッケー
ボブスレー ボブスレー
スケルトン
バイアスロン
カーリング
リュージュ

国・地域別メダル獲得数、メダリスト

順位 国・地域
1 カナダ カナダ(開催国) 14 7 5 26
2 ドイツ ドイツ 10 13 7 30
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 9 15 13 37
4 ノルウェー ノルウェー 9 8 6 23
5 韓国 韓国 6 6 2 14
6 スイス スイス 6 0 3 9
7 中国 中国 5 2 4 11
スウェーデン スウェーデン 5 2 4 11
9 オーストリア オーストリア 4 6 6 16
10 オランダ オランダ 4 1 3 8

競技会場

バンクーバー市内及び郊外のリッチモンドにある屋内競技場の他に、ウェストバンクーバーウィスラー・ブラッコムにあるいくつかの会場に分かれて開催される。

なお、ウィスラー以外はすべてバンクーバーを中核自治体とした広域都市圏・メトロバンクーバー(バンクーバー都市圏)に属している市・地区である。