良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたり、作り上げたら、是非このページで推薦してみてください。あるいは、推薦されている記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方

通常の推薦

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。推薦者としての賛成票は任意です。投票を控えても結構です。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
    *{{賛成}}:--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、

    月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

    *(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

    または

    *(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

    などとしてください。

    投票の仕方

    選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦された記事を編集・執筆した人も投票可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

    1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
    2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
    3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

    記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

    選考期間

    選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

    以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

    1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
    2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

    自動延長されたものは、希望が表明されればさらに2週間までの延長が可能です。

    早期終了

    以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

    • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
    • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
    • 賛成票がなく、推薦者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

    選考が終了したら

    選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

    1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
    2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
    3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
    4. 記事がTemplate:選考中の記事・画像一覧に追加されていた場合、それを除去する。
    5. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
    6. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
      1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
      2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
      3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
        (今までに分類方法で議論になり、一定の方針を決めたものについて、Wikipedia:良質な記事/リスト/分類基準にまとめられています。)
      4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。
      5. Wikidataにおける記事のSitelinkにGood articleバッジを割り当てる(登録利用者のみ可能です)。

選考中の記事

現在時刻: 4月 22日 月曜日 02:48 (UTC) (キャッシュ破棄

選考終了日時:2019年4月22日 (月) 14:07 (UTC)

  • (推薦)先月の月間強化記事賞に漏れた記事です。内容的に十分に記述され、他の航空事故の良質な記事と同程度の水準に達しているものと考え、推薦します。--Tam0031会話) 2019年4月8日 (月) 14:07 (UTC)
  • 賛成 :推薦者票。--Tam0031会話) 2019年4月8日 (月) 14:07 (UTC)
  • 選考終了日時:2019年4月24日 (水) 17:39 (UTC)

    • (自動推薦)2019年3月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年4月10日 (水) 17:39 (UTC)
    • コメント 独特の生涯がよくまとめられているものと思いますが、「戦時中〜終戦」の節の冒頭、「やがて時代は、太平洋戦争へ突入した」は、時系列的に変に思います。その前の節で1944年に結婚した話に触れているのですから、時系列が前後しているように思います。--Tam0031会話) 2019年4月11日 (木) 14:49 (UTC)
      • 初版投稿者です。ご指摘ありがとうございます。主参考文献『黄色い虫』(ISBN 978-4-09-406099-7)にて、船山夫妻の疎開について「時代は太平洋戦争末期を迎え」のようにある記述を、単に「太平洋戦争を迎え」と読み誤っておりました。申し訳ありません。2019年4月12日 (金) 11:07 (UTC)差分)の編集にて、単に「太平洋戦争」に「末期」と書き添えたのみですが、いかがでしょうか。--逃亡者会話) 2019年4月12日 (金) 11:13 (UTC)【一部付記--逃亡者会話) 2019年4月16日 (火) 09:58 (UTC)】
        • 賛成 ありがとうございます。適切に改められたものと思いますので、賛成とさせていただきます。--Tam0031会話) 2019年4月12日 (金) 15:14 (UTC)
    • 賛成 妻が夫を内助の功で支えるという、今となってはちょっと古い価値観が全編に貫かれているためどうしても違和感を感じてしまいますが、記事自体は非常によく出来ていると思います。やや気になるのは概ね問題無い範囲ですが恐らく出典の影響を受けてか、随筆調の表現が時折ある点です。個人的な好みの範囲になるかもしれませんが、特に「なんとか免許を取得したものの、運転すれば塀を倒すわ、木をなぎ倒すわ、挙句にはブレーキが右か左かと迷う始末で~」という一文は百科事典の文章としてはかなり奇異に感じ、別の表現を用いた方が良いのではないかと思います。--TEN会話) 2019年4月15日 (月) 15:23 (UTC)
      • ご指摘ありがとうございます。先の『黄色い虫』から該当箇所の免許取得あたりの原文を引用しますと、203頁で「免許をとったはいいが、塀を倒し、松の木をなぎ倒し、『ブレーキって右だったかしら、左だったかしら』というありさまだったから」とあります。単に「免許を取得後も、塀や木を倒したり、ブレーキペダルを間違えたりするほど運転が下手だったため……」程度の表現で十分でしょうか。--逃亡者会話) 2019年4月16日 (火) 09:58 (UTC)
        • 返信 返信ありがとうございます。細かいことで恐縮です。私個人としては修正案の文章の方がずっと百科事典的であると感じます。--TEN会話) 2019年4月16日 (火) 16:45 (UTC)
          • 選考終了日時:2019年4月24日 (水) 17:39 (UTC)

            • (自動推薦)2019年3月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年4月10日 (水) 17:39 (UTC)
            • 賛成 わからないことの多い人物のようですけど、丁寧にいろいろな資料を集めて、今のところわかっているのはこれだけ、と提示できている記事になっているものと思います。--Tam0031会話) 2019年4月11日 (木) 14:53 (UTC)
            • 賛成 書けることがそう多くなさそうな題材ですが、丹念に調べられていて十分な水準の記事だと思います。1点だけ、注釈に「鎌倉時代末期から南北朝時代にかけては、下野国の足利氏と、上野国を統べる新田氏が中心となって鎌倉幕府打倒を果たした。ところがまもなく足利氏と新田氏が争うようになり、最終的には南朝方に与した新田氏が敗退することになった。このとき上野国の諸氏の多くは、新田氏の支族や新田氏に臣従する一族であったりして、その多くは上野国を追われて各地へ転出していくことになった。」とあるのですが、微妙に文意がとれませんでした。文章としては「新田氏の支族や新田氏に臣従する一族であったため~」、あるいは「新田氏の支族や新田氏に臣従する一族であったので~」と言った形になるべきではないかと思います。--TEN会話) 2019年4月18日 (木) 16:42 (UTC)
            返信 ご指摘ありがとうございます。ここはちょっと悩んだ所でした。言われてみればおっしゃるとおりですね。あとで直しておきます。--柒月例祭会話) 2019年4月18日 (木) 23:31 (UTC)
            • コメント 記事名についての疑問なのですが、排行である「四郎」、諱である「助光」、双方が重複しているというのは日本史の人物記事の記事名として許容されるのでしょうか。大石内蔵助なり那須与一なり、通称がよく知られている人物は多くいますが、いずれも通称と諱とを記事名に同居させてはいない気がします。--Rasalghul会話) 2019年4月18日 (木) 16:50 (UTC)
            コメント ご指摘ありがとうございます。ここは一番に悩んだところでした。
            まず直接の指針になるのはWikipedia:記事名の付け方#人名とその上位規定となる記事名を付けるにはになろうかと思います。Wikipedia:スタイルマニュアル (人物伝)プロジェクト:日本史あたりには、規定がありそうですが、ない。
            で、慣習というか通例として、日本史上の人物記事では「武田信玄」のような記事名がふつうで、「武田太郎信玄」みたいにはしません。となると、この記事も「吾妻助光」とするのが通例に沿ったものということになります。ところが、今回記事執筆に際して使用した文献類ではこの表記が殆ど見られない。(ゼロではないです。コトバンク経由の『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』はこの表記です)
            実はまだ執筆していないのでアレなんですが、この吾妻氏の一連の記事のなかでは「吾妻太郎」(「吾妻太郎○○」)というのがたくさん出てきます。で、これはフツーにみると「吾妻」(姓)+「太郎」(通称)+「○○」(諱)という名前だと解釈されるところですが、実際には「吾妻太郎」(称号)+「○○」(区別のための呼称)というような使われ方(イングランド王ジョージ)みたいな感じなのです。この吾妻一族のほぼ全員が「確実に史実として実在したかどうかわからない」「伝説的物語に出てくるだけの空想上の人物?」というところがあるのも原因のひとつなんだろうと思います。実在した証拠がなく伝説だらけであるため、「吾妻太郎AA」と「吾妻太郎BB」と「吾妻太郎CC」のエピソードが入り乱れているとか。
            というわけで、悩んだ末、この記事名としました。理屈の上では、WP:CRITERIA(信頼できる情報源において最も一般的に使われており)を重視し、「首尾一貫している」(他の似たような記事においても、同じように使われている)については「複数の基準を満たすために他の基準を犠牲にする」ためにあきらめた、という感じです。吾妻助光はいちおうリダイレクトを作ってあります。--柒月例祭会話) 2019年4月18日 (木) 23:31 (UTC)

            選考終了日時:2019年4月24日 (水) 17:40 (UTC)

            • (自動推薦)2019年3月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年4月10日 (水) 17:40 (UTC)
            • 賛成 この人物は初めて知りましたが、どのような人物でどういったことをされたが、一定の説明がされているものと思います。細かいことですが、「前半生」節で小学校を旧制小学校にリンクしているのが気になりました。リンク先は小学校令(1986年)で定められた学校の記事のようですが、生まれ年から考えるともっと前の制度における小学校に通ったのではないでしょうかね。教育制度の歴史には詳しくないので、見当違いでしたら申し訳ないです。--Mogumin会話) 2019年4月11日 (木) 12:49 (UTC)
              • 記事を作成した者です。ご指摘いただいた旧制小学校へのリンクについては念のため解除しましたのでご確認よろしくお願いします(なお、旧制小学校の記事の現状の内容については小学校令制定前の学制や教育令時代の説明が不足しており、個人的には加筆が必要と思われますが当方にはそこまで手を回す余裕がありません)。--Ihimutefu会話) 2019年4月12日 (金) 08:15 (UTC)
                • Ihimutefuさん、早速ご対応ありがとうございました。--Mogumin会話) 2019年4月12日 (金) 09:04 (UTC)
            • 賛成 同じく、きちんとした説明がされているものと思います。私も非常に細かいことですが、「保阪家」の節で父親の投資先の1つとして書かれている「信越鉄道」というのは、おそらく「北越鉄道」の誤りですね。直江津より南の信越本線は当初から国が建設したので、民間人の出資など不可能ですし。--Tam0031会話) 2019年4月12日 (金) 15:53 (UTC)
              • 「信越鉄道」は、『新潟県のあゆみ』「第5章 第2節 2 信越鉄道敷設運動」(越後佐渡デジタルライブラリー)にて解説されていますが、「北越鉄道」とは別の会社です。ご確認よろしくお願いします--Ihimutefu会話) 2019年4月13日 (土) 03:49 (UTC)
                • なるほど、その場合だと、出資したという記述が変になると思います。信越鉄道という会社は発起を準備しただけで、設立されていないわけですから。この時代の私設鉄道法では、鉄道会社は仮免許を得ないと設立することすら許されないので、政府に免許を却下された会社は、まだ設立にも至っていません。発起人会に資金提供しただけではないでしょうか。--Tam0031会話) 2019年4月13日 (土) 13:51 (UTC)
                  • ご指摘下さりありがとうございます。出資云々は出典に使用した書籍の記述から素朴に引用したものでしたので、上に挙げた『新潟県のあゆみ』も用いて書き直してみました。まだおかしな点がありましたらご注意お願いします。--

                    選考終了日時:2019年4月24日 (水) 17:41 (UTC)

                    • (自動推薦)2019年3月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年4月10日 (水) 17:41 (UTC)
                    • 賛成 :質、量ともに基準をクリアしていると考えます--Hanabishi会話) 2019年4月12日 (金) 12:49 (UTC)
                    • コメント 医師であるというHanabishiさんが良いと言っているのだから、内容的に大きな問題はないのだと思いますが、翻訳にやや疑問点があります。--Tam0031会話) 2019年4月15日 (月) 15:07 (UTC)
                      • 「天然痘の予防接種」節、「予防接種からの支持者からもその安全性と効力についての正当な懸念がなされたものの、特に立法が義務的な予防接種を導入し始めた際の一般的非難によって影の薄いものとなった」 原文を読むと確かにこうなるのですけど、日本語としては不自然では。やや原文から離れても「予防接種からの支持者も安全性と効力について正当な懸念を示していたが、立法で予防接種を義務化する際の大衆からの非難はこれをはるかに上回るものであった」くらいにした方が意味を取りやすいのではないでしょうか。
                      • 「イングランド」の節、「ヨークシャーのキースリー(英語版)では、1876年に保護官が逮捕されて一時的に投獄され、 "Keighley Seven" を支持する大規模なデモが行われた」、原文でも説明がないので仕方ない面がありますが、"Keighley Seven"って何のこと、と思ってしまいます。あと、Keighleyをキースリーと読むのは当該の記事冒頭に発音記号がわざわざ付されているのでわかりましたが、特殊な読みなので、Keighleyと結びつけることが難しく、なおさら意味を理解しづらかったです。
                      • 「義務的な予防接種の廃止は1900年の総選挙の労働党のマニフェストの要求事項の1つとなり[34]、1948年の国民保健サービスの導入時に、義務的予防接種の支持者からの反対は「ほとんど無視できる」ほどのものとして、形式的に実行された」 形式的に実行されたというのがよくわからないです。as a matter of routineはそう訳すしかないのでしょうけど、予防接種義務が廃止されたという意味でしょうから、そう書いてしまっていいような気がします。
                      • 「スコットランドでは予防接種は1863年まで義務ではなく、1907年にのみ激しい抗議が起こり良心的拒否が認められた」 このonlyを1907年のみと訳すのは間違っていると思います。私が訳すなら、「スコットランドでは1863年に予防接種が義務化されたが、激しい抗議が起こり1907年になってようやく良心的拒否が認められた」とします。onlyは「になってようやく」みたいな意味でしょう。イングランドでは1898年から良心的拒否が認められていたこととの対比でしょうし。
                      • 「オランダ、麻疹 (1999–2000)」の節、「いくつかの影響を受けた州の予防接種率は高い水準であったが、例外的に1つの宗派は伝統的に予防接種を拒否していた」、私なら前半は「大流行が発生したいくつかの州の予防接種率は高い水準であったが」のようにします。
                        • 初版作成者です。ご指摘の点、修正を行いました。まだ全体的に文章としてぎこちなく、文意を取り違えている部分もあろうかと思いますので、指摘・修正よろしくお願いします。--Smilesworth会話) 2019年4月16日 (火) 16:07 (UTC)
                          • 選考終了日時:2019年4月24日 (水) 18:16 (UTC)

                            • (推薦)月間強化記事賞に漏れてしまった記事です。文章量も出典も、ほかの生物関連の雉と比べて全く問題ないと考えます。推薦します。--Halowand会話) 2019年4月10日 (水) 18:16 (UTC)
                            • 賛成 :--Halowand会話) 2019年4月10日 (水) 18:16 (UTC)
                            • 反対 :確かに文章と出典の『量』は大したものです。これだけの情報をよく集積できたものだと感服するばかりです。
                            が、それ以外の点で問題が多いと思います。大まかに言って論旨が錯綜していて内容が入ってきませんし、記述が冗長で無駄が多いと思います。
                              • まず概要では『東北地方』などの具体的記述は不要だと思います。
                              • 名称ではまず『ゲンゴロウ』の語源が問われるべきなのに、それにはほぼ触れない。代わりにナミやらオオやらの混乱した和名の流れの話がありますが、ひどいものですね。こんな出鱈目に和名が変わるとは。これはまあ筆者の問題ではないのですが、「「オオゲン」「ホンゲン」などの愛称」等は虫屋の符牒のようなもので、一般人には無意味です。むしろ方言名などが扱われるべきでしょう。
                              • 分布ではまず地理分布と生態分布がやや入り交じりますね。それ以上に問題だと思うのはこの項と次の特徴の項ですが、他の種の話が入り交じっていて、本筋が読み取りにくくなっています。例えばまず本種に関する記述でまとめて、それから他種との関係を扱った方が見通しがよくなるはずです。
                              • また分布のところでは南方種と北方種の話が出てきますが、それが何を意味するものかは全然読み取れません。その話をするのであれば、まずそれらがどのようなものでどのような意味があるか、本種はどうしてそちらに含まれるのか、が示されていなければなりません。
                              • 生態に関する部分では出典からの引用が長すぎると思います。たとえば
                                • 「市川憲平は内山りゅうの『今、絶滅の恐れがある水辺の生き物たち』(2007年・山と渓谷社)にて「おそらく水中の枯葉の下・泥の中などで冬眠しているようだ」と考察しており[書籍 36]、都築裕一は「湧水などがあり真冬でも(少なくとも水面以外は)凍らない池沼などを選んでいるようだ。自分たちの調査では水面が完全に凍結した山間部のため池で氷のすぐ下の水中にて活動している姿を観察した。ミズカマキリと同じように多数の個体が集まって越冬することも多いようだ」と述べている」
                              • 書物の名を出す必要はありません。参考文献のところにあればいいだけです。しかもこの本の名前、あちこち出でますね。研究者の名前もフルネームは不要のはず。例えば市川(2007)で足りるはず。それとも「内山(2007)で市川は……」かな?
                              • それに引用そのものが長すぎますし、敢えて引用にしなければならない意味は見いだせません。もっと短く引用するか、あるいはまとめて書き直した方がずっと読み取りやすくなると思います。
                              • 分類の項の話だと、この学名は使ってはいけないはずですが、何故使っているのでしょうか?それが抜けていると、話はおかしくなります。
                              • 保全の状態も冗長です。少なくとも本種以外の記述はもっと簡素にした方がいいと思う。別種の話ですから、なくてもかまわないもののはず。むしろ入れるなら取り上げる理由の説明が必要です。
                              • その下の研究者たちの言葉は、興味深い言及も多いですが、きわめて羅列的です。もっと細かく拾うか、でなければ全部削除でいいのでは。だって個々の人の思想を聞かされているようなものなので。
                              • 以上、現状では良質に推すわけにはいかないと思います。--Keisotyo会話) 2019年4月12日 (金) 13:36 (UTC)
                            • ご対応いただき、ありがとうございます。
                            • が、それを含めて疑問な点、納得できない点はまだ多々あります。内容的に気になる問題は記事のノートの方に出したいと思いますが、良質の論議に関するものもあります。まだ追加で指摘してもよろしいでしょうか?--Keisotyo会話) 2019年4月14日 (日) 10:47 (UTC)
                            • コメント 主執筆者です。この度は推薦および貴重なご意見ありがとうございます。Keisotyoさんから受けたご指摘を基にもっと添削してみようかと思います。
                              • 概要→「東北地方」など具体的記述をカットして簡略化
                              • 名称→「ゲンゴロウ」の語源を追記&略語に関する記述を除去。なおこれに関しましては現時点で俗称の「ナミゲンゴロウ」が記事名となっておりますが項目をご覧になればお分かりいただけるようにノート:ナミゲンゴロウにて「ゲンゴロウ」への改名提案中です。付言などに関しましても後日追記を検討しております。
                              • 分布→地理分布のみに絞り生態分布は生態の節に移動しました。ゲンゴロウモドキ属との関係に関しましてはCOしています。
                              • 生態→ご指摘を受けたように引用内容・引用元を短縮・簡易化しようと思います。他種との比較については本種に関する解説を述べた上で別節を設けました。
                              • 分類→学名に関しては冒頭に注釈を設け「ITISではCybister chinensisの学名で登録されているが環境省では現在もCybister japonicusの学名が使用されている」と解説しました。
                              • 保全状態・研究者らの声に関しては大幅に削ってみようと思いましたがまだ思うようにできていません。今後もどれが必要か否かを考えて選別していこうと思います。
                            • まだ至らぬ点は多数あるとは思いますが、今後もGA選出云々に拘らずより多くの人に読みやすい記事に仕上げるべく精進します、--

                              選考終了日時:2019年4月25日 (木) 14:49 (UTC)

Original: Original:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考